CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
もりおかかいうん神社様の地下回廊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第423回 2015.05.11 ━━

先頃、もりおかかいうん神社様より社殿・境内修復工事が完了されたとのご一報をいただきました。
4年前の東日本大震災の際に受けたダメージは小さくなかったようで、長い工事期間を経て、この度完成となりました。誠におめでとうございます。

弊社は僅かなお手伝いでしたが、今回の修復工事にたずさわる事が出来まして光栄です。本当にありがとうございます。


もりおかかいうん神社さんを訪れる機会がありましたら、是非のぞいていただきたいのが、「本殿・拝殿参拝地下回廊」です。




壁面だけでなく、天井にまで「しっくい」が塗られており、その澄んだ空気には神々しさを感じずにはいられません。




入り隅のコテ塗り仕上げもシャープで、本殿へと向かう姿勢がピシッと引き締まります。


もりおかかいうん神社HP
http://kaiunjinja.jp


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 16:51 | - | - |
サッポロ黒ラベルCM「大人エレベーター」の塗り壁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第375回 2012.12.29 ━━

いつもの妻夫木さんと古田新太さんが出てくるバージョンを昨日初めて見まして、その46階の内装に目を奪われました。




おでんを頬張り、ビールを酌み交わす背景が「塗り壁」というだけでもうれしいのに、この枯れ具合、国宝「待庵」の壁を彷彿させると言ってしまったら、言い過ぎでしょうか?

なんて、実際自分の目で待庵の壁を見た事はありませんし(スミマセン)、知ったかぶりも底がすぐに割れますので、ネットで「待庵」と検索してみました。すると、

・京都府大山崎の妙喜庵(みょうきあん)にある茶室
・千利休の作と信じうる唯一の現存茶室
・数奇屋建築の原型とされる




すごいですね〜

そして、
・俳優の古田新太は、千利休の弟子で「へうげもの」として知られる古田織部の末裔

だったらビックリですけど、そんな訳ないですね。


サッポロビールHP 大人エレベーター46階
http://www.sapporobeer.jp/beer/46/otona.html


妙喜庵HP
http://www.eonet.ne.jp/~myoukian-no2/


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 07:49 | - | - |
「おうちカフェ」を盛岡タイムスさんにご紹介いただきました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第367回 2012.10.12 ━━

川上塗装工業さんとのコラボで開いております、青山町のショールームカフェ「おうちカフェ*ヂルチクリエイト」を盛岡タイムスさんにご紹介いただきました。

さすが、新聞社の記者さん。
上手に文章をまとめていただいてまして内容はこの通りなのですが、自分としてはこれにプラスして、社業を通じてまちの活性化に取組みたいという思いが前々からありました。
空き店舗をリフォームしてこの様な場所をつくる提案をしたのも、その試みのひとつでありますのです。




今回取材していただいて、改めて実感した事があります。
それは、この類いのスペースは「建物」というか、入れ物だけをつくってみても、それだけでは本当にダメなんだとういうこと。キレイに完成したところで、実際そこで何をやるのか?やはりソフトの部分がスカスカだとダメなんですよね。


そういう意味では、店長兼アートディレクター(いつの間に!)の川上冴華さんのアイディア&行動力と、お手伝いいただいているスタッフの方々の笑顔と安定感。

おうちカフェを起点に、このパワーをもって地域で様々な活動されている方々と楽しい関係を築いていることはスゴイし、そのようなネットワークを作り上げたが故に新聞にもとりあげられたのではないかと思うのです。

その素晴らしいお仲間につきましては、コチラのブログも是非ご覧下さい。
http://zilch-create.m-obara.net/?eid=31


・・・などと書き連ねながら忘れてました。
塗り壁体験をご希望のお客様用のセッティングを。汗
私も多少ハタラカナケレバ・・・

材料と道具は大丈夫なので、ボードの用意を即、致します。
(塗り壁体験ご希望の方、ご連絡お待ちしております)






*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 08:07 | - | - |
「しっくい」で子ども部屋を模様替え
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第348回 2012.04.07 ━━

ずっと物置状態になっていた部屋を子ども部屋に改装することにしました。



長らく放置されていたので、壁はシミと日焼けでかなり汚くなってました。


今回採用しましたのは、フッコーさんの「しっくいペイントAg+」
漆喰本来の調湿機能や空気清浄機能をもちながら、更に銀イオンが配合されているので、雑菌や嫌な臭いを取り除く効果が高まっています。



現状の布クロスを剥がし、下地をパテで調整して、「しっくいペイント」をローラーで仕上げてもらいました。
扉や天井も「しっくいペイント」で仕上げましたので、とても明るいお部屋が完成致しました。



いっしょに、扉や窓の木枠部分をアク洗いしてもらいましたので、きれいな白木も蘇ります。



カーテンをつけたりカーペットを敷いたりすると、女の子らしいお部屋に変わるもんですね。
明るく空気が気持ちいいお部屋を、とても気に入ってくれたようです。


費用的には、6畳の部屋を2つ。
壁、天井、建具で合計約80屬魏蔀禄萢して、しっくいペイント仕上げ。窓と扉、額縁廻りのアク洗いを足して25万円ほどで完成することが出来ました。

画鋲を壁に刺すことも可能ですし、子どもがキズを付けてしまったときも、簡易的な補修は可能です。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 09:12 | - | - |
小森純と土壁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第342回 2012.01.23 ━━

先日、家人が「ご自由にお取り下さい」の棚からホットペッパーをもらってきてそうで、私もパラパラめくっておりました。

後半、モデルの小森純さんとタレントのキム兄の対談写真が目に入りました。
もちろん、注目は背面の壁。



土壁ヒビ割れ仕上...


急に真剣になって、お店の名前を探したところ、渋谷にある
Mr.ズーガンズーというお店だそうです。

サイトを拝見しますと、オーナーからのこんなコンセプト紹介(一部抜粋)が、


土壁の店内は落ち着いた雰囲気を漂わせ
渋谷にありながら、ちょっぴり大人の空間をつくりました。
親しい方と、また親交を深めたい方と、ゆったりとした時間の流れる店内で
ぜひ、美味しいワインと料理を楽しんでいただけたらと思います。



飲食店紹介サイトを見る
と、別のお部屋の写真も掲載されてました。


土壁カッコいい!
なかなか東京に行く機会が無いのですが、是非に行ってみたいです。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 19:03 | - | - |
お施主様自らコテを握っての左官仕上げ(完成の巻・2階編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第337回 2011.12.03 ━━

完成の巻・1階編のつづきです。

階段を昇りますと、2階の各部屋も壁は漆喰仕上。ホッとする空間が、そこにも広がっておりました。



吹抜けの木組みも素敵です。



空へと突き抜ける暖炉の煙突と、天井に据えられたシーリングファンです。
廊下も階段も、あったかいんでしょうね。



前回ご紹介したの枠無しサッシに、盛岡の夜景が映し出されていました。
言われてみれば確かに、絵画のようです。



私のカメラのスペックの問題で写真ではこの程度ですが、肉眼ですと高台から見下ろす盛岡の夜がもっときれいに広がります。



トイレ扉上の壁です。
構造上、こういう箇所が出来ているのですが、この出隅の連続も丁寧に塗られていました。

壁塗りを体験されたことのある方はお分かりと思いますが、出隅を仕上げるのって本当に大変なんです。
それもこちらは、タテ出隅&ヨコ出隅のコラボレーション。
(>_<)

もちろん私には全く無理ですし、プロの左官さんでも疲れてしまう部分だと思います。以前、仙北造園さんの社長に、こんな小唄を聞いた事があります。

♪ 左官殺すにゃ刃物はいらぬ 出隅の三つも作りゃいい

(って、この小唄ネタ。前にも書いたような。)


見学させていただいた翌々日、お施主様の引っ越しが始まったとお聞きしました。
待ちに待った新しい我が家。家族団らんの新生活、うらやましいです!


*清水畑建設様サイト*
http://shimizuhata.jp/


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 11:23 | - | - |
お施主様自らコテを握っての左官仕上げ(完成の巻・1階編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第336回 2011.11.30 ━━

「下地の巻」から2ヶ月も経ってしまいました。

清水畑建設様の「紅葉ヶ丘の家」。もちろん、完成しておりました!
内装壁の全面を、左官仕上の「漆喰」で仕上げていただきました。


(こちらは朝の写真)

なかなか見に行く事が出来ず半ばあきらめておりましたが、引き渡し直前、見学出来る時間があると連絡をいただき、早速行ってまいりました。


めっきり日が短くなりましたので、夕方の5時ともなると真っ暗。
しかし、夜の内覧会もいいものです。

まずは1階。

いきなりリビングの壁の色が漆喰の白ではありません!

これは、お施主様がご用意された「ポーターズペイント」という豪州産の自然派塗料を、漆喰の上から塗ったとの事で。
一つの面だけ色を加えることで、とてもおしゃれなお部屋になるんですね。




スポットライトのみだと、こんな感じ。




奥には、大きな窓のあるダイニング。
枠が無いように見えるこのサッシ。これまたおしゃれでございます。




こちらは和室の壁。
左官鏝使いに慣れてきたお施主様が、一番念を入れた箇所だそうです。



丹誠込めた家づくりに、家族も参加する。
テクスチャーにも味があって、シビレます。

そうそうこの和室、この家屋の中で、ちょっと隔離されたように配置されています。
実はこれも設計さんの狙い。最近の家は空間がとてもオープンになっているので、わざとこういう部屋を作ったそうです。こもって読書に耽るも良し、説教部屋にするも良し。(失礼しました)


お風呂をのぞき込みますと、これも弊社から納めさせていただいたタイルが貼られておりました。




コレを見忘れてはイケマセン。
玄関へ続く壁面。暖かい灯りに、ほんのりご家族の手型が浮かんでおりました。





(2階編へつづく)


*清水畑建設 専務様ブログ*
 紅葉が丘の家・見学会二日目


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 08:05 | - | - |
もりおか歴史文化会館で、江戸時代の左官さんに出会った〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第334回 2011.11.14 ━━

改装工事中には何度か寄ったのですが、完成してから初めて「もりおか歴史文化館」に行ってまいりました。

まずは1階の無料フロアにあります大スクリーンにて、さんさ踊りの映像を拝見。
某秘密結社の諸先輩方が、ちびっこに踊りや太鼓を指導するシーンがありまして、他にも知り合いが映ってないかと、目を皿のようにして見てまいりました。

なかなか訪れる機会もないので、思い切って2階の有料フロアに足を踏み入れる決断をいたしました。
子どもの頃に訪れた、県立図書館時代の造りを思い出しながら辺りを見回すと、近代的な博物館の雰囲気がそこにありました。

黒を基調とした格調高い雰囲気、ITを活用した分かりやすい紹介など、「有料」に抵抗があったのですが、300円払う価値はある!とお見受け致しました。

展示室6「近代の盛岡へ」という最後の展示フロアに足を踏み入れると、そこには町家が再現されていました。
白壁を塗っているのは、もちろん藩政時代の左官さん。



コテ板の持ち方が現代と違います。古い絵を見ると羽子板を広くしたような作りだったようですので、こうなるんですね。

子ども連れで急ぎ廻ったので、次はゆっくり見に行きたいと思います。
そうそう、この町家の室内にも盛岡の古い写真が飾られていたのですが、注目は「大正時代の石割桜」。びっくりしますよ。





企画展「あの日あの時の盛岡−昭和レトロの世界−」は、好評に付き期間延長。今月23日までだそうです。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 18:36 | - | - |
お施主様自らコテを握っての左官仕上げ(下地の巻)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第331回 2011.10.01 ━━

清水畑建設さんの新築現場では今回も、左官仕上を採用していただいております。
もちろん、お施主様による「セルフ塗り」もございます。
もうすぐ仕上げ塗りが始まるとの事で、遅ればせながら現地に行ってまいりました。

坂を上って行くと、青空に映える幕が!




いままでは、内装業者さん用のパテで下地作りをしてもらっておりましたが、凸部の研磨をするときにホコリが出て困っていたそうです。今回は、コテにもかなり慣れてきたという事で、石膏系の下地処理材で鏝塗りしてもらいました。



仕上材に比べて材料の可使時間は短いはずなので、やはり「苦戦」の後も若干見えましたが、総じてきれいな下地が出来上がっていました。




道具類も、現場経験を重ねる毎に少しづつ増えているようです。
塗り壁の出来は下地次第とも言いますが、完成がとても楽しみです。


高台のおうちなので、眼下に清々しい盛岡の秋の景色が広がっていました。




清水畑建設さんのブログ
http://shimizuhata.seesaa.net/article/227617645.html


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 17:22 | - | - |
わびさびの「さび」は英語でプロセスデザイニングというそうです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第330回 2011.09.08 ━━

前回ブログの「BIG seminar in 仙台」。
この続きの話なのですが、後半は針生承一先生の「まちづくり」をテーマとしたお話でした。

丸森町で手掛けられた「斎理屋敷」は、すぐにでも行ってみたい場所ですが、予想を超える数の観光客が訪れているそうで、これは「出来る限りありのままを残しつつ整備した結果」だとおっしゃってました。

成功に気を良くした地元の方が、「隣を駐車場にする!」とぶち上げたそうですが、針生先生が説得してやめさせたそうです。文化財に集客しようと隣の建物を壊してまで駐車場を造りたがる人が全国にいると、藻谷浩介さんが話をされたの思い出しました。

そうです。
別に観光客のみなさんは単にその建物とかを見に来るわけでなく、その建物を含めたまちの雰囲気を味わいに来るんですよね。紫波のオカちゃんの言うエリア価値っていうのも、こういう事なんでしょうな。


そして、その「ありのままを極力残して」整備した斎理屋敷ですが、木や石、金属、塗り壁、瓦など伝統の自然素材の建材で作られているからこそ、時を経た現在、そこから醸し出される「さび」を感じるのだそうです。

屋根材とかも、高いんだけど銅板は長持ちするし、さびていく過程が面白いと。
ガルバリウムではこうは行かないそうで・・・恥ずかしながら私はガルバリウム鋼板の方が耐久性が良いと思ってました。




わびさびの「さび」とは何か?という話もされました。
さびは「寂び」とも書き、「然帯(さおび)」が語源。辞書的には「枯れた味わいがある様」ということになるのでしょうが、英語にすると逆にわかりやすいんだそうです。

それがプロセスデザイニング(process desining)

そう、時を経て自然に劣化していく様に美(価値)を感じる。
ん〜、和の心ですねぇ。
「古い」ということに価値を覚える西洋の骨董とはまた異なるのです。

確かに自然素材の建材は、多少高いし手間がかかるかもしれない。
ただ、時がたつ経つとともに味わいが重ねていく。
出来た時が100%の建材とは違う魅力があります。

小原商店も建物の様々な価値向上に貢献するべく日々の業務に取組んでいますが、「塗り壁」を長年扱ってきて良かったと思います。先輩方に感謝です。


「わびさび」についてはもっと掘り下げたいので、山ちゃんみたいに「へうげもの」を、せがれの和菓子をつまみながら読んで、古田織部の勉強からしてみたいと思います。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 11:05 | - | - |
<< | 2/11PAGES | >>