CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
洋式のお庭にも鉄平石
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第366回 2012.10.03 ━━

少し前の休日、八幡平市平笠にあるサラダファームさんに行ってまいりました。
お目当ては隣接する花の森レストランだったのですが、まずは今期オープンしましたグリーンショップへ。


色とりどりのお花や、面白い植木鉢などを見ながら奥へと進みますと、日頃からお世話になっている「仙北造園さん」のお名前が!




なんて、弊社もこのお庭に敷かれた鉄平石や、園芸ショップエリアのカラー平板などをお世話になりましたので、改めてこちらを拝見するのもサラダファームさんを訪れた目的の一つでございました。




鉄平石って国産ということもあり、「和風」というイメージしかなかったのですが、仙北造園さんの手に掛かれば、この通り洋風にも。
苔を配し、季節の花々に彩られた、素敵なガーデンでございます。



と、その背後にこれまたお洒落な建物を発見。




近寄ると、壁面にはなんと「Zilch Create」のロゴ!!




こちらも、いつもお世話になっている川上塗装工業さんの作。オリジナルの塗装技法=装飾塗装を用いて仕上げられた外壁です。お庭を回り込むと、壁面の個性的なデザインや質感を間近に見る事ができます。


グリーンショプを後にして、いよいよレストランに向かいましたが、休日ということもあってかお昼前なのに、もう満員。少し待って席に付きましたが、「混んでるし、こういう観光地っぽい所って料理出てくるの遅いんだろうなぁ」

と思ったのが大間違い。
店員さんはみなさん明るくキビキビしており、ほどなくお料理が運ばれてきます。
自らの浅い見識を恥じつつ、美味しいオムライスに舌鼓を打ち、帰りはもちろんショップで「味付けゆで卵」を買って帰りました。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 08:00 | - | - |
徳清倉庫様のリニューアル現場に古代漆喰をご採用いただいております
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第365回 2012.09.12 ━━

昨日Facebookを眺めていましたら、徳清倉庫さんの社長様が、道路拡幅に伴う社屋と旧宅の一部解体と改修工事の過程をブログで綴っていらっしゃることが、話題になっていました。

盛岡経済新聞
 125年の歴史持つ「徳清倉庫」解体の様子をブログに−社長自ら記録
http://morioka.keizai.biz/headline/1160/


もちろんこちらのブログは以前よりチェックさせていただいていたのですが、盛岡経済新聞さんのアクセスランキングでは今日現在第一位!
ブログのアクセス数が更に伸びているでしょうね。


実は先週、現場にお邪魔致しまして、建物の内外を見学してきたばかりでした。

建具の細かい造作、左官仕上の技法が凝らされている部屋、三階から眺める北上川の雄大な流れ、などなど素晴らいところが沢山だったのですが、その威風のためか写真をパカパカ撮るのがためらわれ、「計り場」での左官さんの作業風景だけカメラに納めてまいりました。




貴重な建物の詳細と工事の進行状況を、是非、徳清倉庫社長ブログをにて覧下さい。
(漆喰界の最高峰のひとつであります「古代漆喰」を誉めていただいております)

『徳清倉庫』社長の留魂日記
http://blog.livedoor.jp/aki3771/


春先に「江戸東京たてもの園」という、江戸時代と近代に立てられた東京の歴史的建造物を集めた公園に行ってきまして、とても素晴らしかったのですが、徳清倉庫さんには、その公園にある建物の2〜3軒をまとめて見るくらいのボリュームと驚きがあります。こういう建物が盛岡市内の身近にあるということに、心底感動してまいりました。

江戸東京たてもの園探訪記
http://eco-reform.m-obara.net/?cid=42155


設備の入れ替えや新設もあるとのことで、伝統の建築技術と最新の設備との融合も、徳清倉庫様をリニューアル後に拝見する楽しみでございます。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 13:05 | - | - |
特注色 + セルフ塗り 左官仕上の曲面擁壁が完成しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第364回 2012.09.07 ━━

flowershop timeflow 様がプロデュースした盛岡市内のお客様の外構に、四国化成工業さんのアートウォールをご採用いただきました。


短い工期で出来る、カーブのある意匠を気に入っていただきました。そして当然色にもこだわりたい。
お施主様、timeflowの高橋社長様共に、色へのこだわりレベルが高く、満足いただける色を提案出来るか?不安もありましたが、四国化成さんのCCMシステム(カラーマッチングシステム)でスムーズにお話を進める事が出来ました。


CCMシステムとは、作成したい色のサンプルがあれば、それをコンピュータ解析して、同じ色を作ってしまうという、それはそれは賢いユニットなのでございます。(一部原色など作成出来ない色もあります)


四国化成工業CCMシステム


何回かこのシステムを使わせてもらってますが、ペンキでも作成が難しい濃色も作成できたりするので、ガツンと濃い色で仕上げたいお客様には大変喜んでいただいています。

ということで、左官さんにパターンサンプルをまず作成してもらいました。




協議の結果、表側は右のクシ引き。裏側は左のランダムで仕上げる事に決定。


表側、こんな感じになりました。




そして裏側。左官さんが施工しているところに、




奥様がいらっしゃいまして、急遽セルフ塗り開始。




日差しが強い時間でしたが、ビニール手袋着用で楽しそうに塗っていただきました。





このあと、ここに木が植えられ、こちらのランドマークになるそうです。
完成しましたら、またレポートします。




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 18:41 | - | - |
アートウォール完成しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第360回 2012.06.01 ━━

四国化成工業さんから、この春新発売になりました「アートウォール」。

会社の玄関口にテスト施工しております。
途中雨が降ってきて養生したりしましたが、順調に進行しました。

下地がコンクリートや空洞ブロックでないため、湿度が高い環境で施工しても白華(エフロ)が発生しないのが、これまたこの商品の強みであります。




中塗りをしまして





パターン付けして完成です。





こんなパターンに仕上りました。





それにしても鮮やかなレモン色。
子どもさんにも喜んでいただけそうな木が致します。


下地がコンクリートだったので、掘削に少し時間がかかりましたが、それでも完成まで丸2日。
きれいに完成しましたので、是非ご来社下さい。



小原商店新着情報ブログ「四国化成2012年新商品ダイジェスト」
http://news.m-obara.net/?eid=216

アートウォールデジタルカタログ
http://ow.ly/bequ5


今週末の土日。毎年恒例の展示即売会「ふれあい大感謝祭」を開催致します!
こちらのご来場も、お待ちしております。




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 10:05 | - | - |
デザイン擁壁をスピード施工!アートウォール製作中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第359回 2012.05.30 ━━

四国化成工業さんから、この春新発売になりました「アートウォール」。
先月ビッグサイトで開催された、エクステリア展示会でも注目されておりました。




施工の工程はこのような流れです。





フェンスを組み立てるように下地を作って、スピーディーに変化に富んだ擁壁を作る事が出来ます。





安全性・意匠性・施工性を兼ね備えた、画期的な新商品です。





お庭づくりに「塗り壁」をしていただく現場が増えています。
左官仕上に適した下地づくりが、短期間にできます。


ということで、弊社の入り口にテスト施工してみることに致しました。



下地を組み立てて、





プライマーの塗布まで終了しました。
週末の「ふれあい大感謝祭」に間に合うよう、職人さんに頑張ってもらってます。


小原商店新着情報ブログ「四国化成2012年新商品ダイジェスト」
http://news.m-obara.net/?eid=216

アートウォールデジタルカタログ
http://ow.ly/bequ5


今週末の土日。毎年恒例の展示即売会「ふれあい大感謝祭」を開催致します!
ご来場、お待ちしております。




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 12:34 | - | - |
上米内浄水場の石造りの正門
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第335回 2011.11.16 ━━

先週、用事の途中で上米内駅に寄りました。
素晴らしい秋晴れだったので、浄水場を外から眺めてみようかと。
自動販売機のみのコミュニティスペースとなった旧商店で買った缶ジュースをすすりながら、静まり返った駅前通りを歩き始めました。




上米内浄水場はシダレ桜で有名な場所ですが、実際立ち寄ったのは子どものとき以来かもしれません。
何十年か経っても、雰囲気は変わってないようでした。

正門の迫力ある石材が目に入りました。



何の石材なのでしょう?かなり風化していますが、若干青みがかった形跡があるので、十和田石でしょうか?
鋳物の透かしの中で電球が灯るようになっていて、デザインも凝っています。



敷地を、最近の公共施設では見られない「土塁+生け垣」で囲っているというのもいいですね。

年数が経ち、表面の汚れも目立ちますが、しかしこれが自然素材の建材のいいところなのです。
昭和9年の竣工当時から正門を守ってきたのでしょう。エイジングの極みです。

内部の建物は窓廻りなどに大谷石が使われています。





もっと近くで見てみたかったのですが、普段は立ち入り禁止になっています。

震災の影響で閉鎖されている「水道記念館」がオープンしたら、また行ってみたいと思います。




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 13:59 | - | - |
大沢川原の旧宣教師館の外壁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第333回 2011.10.15 ━━

この前の土曜日、盛岡市民文化ホールに行った後、天気がよかったので家まで歩いて帰ることにしました。

車では良く通る道でも、歩いてみると何か発見もあるもので。

この日の最初の発見は、江戸時代は中津川でスズキが釣れたという話。
これを、旧宣教師館の敷地にある立て看板に記された、大沢川原の歴史の最後に見つけました。
スズキって鮭みたいに川を遡上するらしいです。




そして、ここ旧宣教師館の建物。
3月の大震災で外壁が崩れた後、簡易的な養生がされただけで、現在でも立ち入り禁止になっています。敷地内に外壁材の一部が転がっていました。



カケラを見ると、赤レンガの上に仕上げ塗りがされていました。
竣工時は赤レンガの洋館だったのかもしれません。

赤レンガの上に塗られている材料を見ると、粗い骨材が配合されています。
「リシンかき落とし」かと見つつも、その荒々しさに「これがもしや本物のドイツ壁というものか?」と思い。



帰ってきてからネットで調べると、ここに住んでいた宣教師さんは「ジャーマン・リフォームド・チャーチ教団」というところから派遣されてきたらしく。

コチラのサイトにそんな記述が
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03201/628.html


また写真をよく見ると、赤レンガの上に濃い茶色の面があって、今の黄土色の面があるように見えます。
この洋館は2度、外壁の改装工事がされているかもしれません。




内部も見てみたくなりましたが、残念ながらご覧の通り閉鎖されています。
その代わりと言っては何ですが、18日から清水町の旧石井県令邸の公開があるそうです。
こちらに是非行ってみたいと思います。

近代化遺産全国一斉公開2011の詳細です ↓
http://ow.ly/6W7nN




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 20:45 | - | - |
住田町・世田米の蔵も地震の被害に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第308回 2011.04.15 ━━

盛岡から気仙の沿岸部へと向かうと、最後に陸前高田市へ行く道と大船渡市へ行く道が分かれる交差点を通ります。国道107号線バイパスを通り、木造白壁の住田町営住宅群が見えてくれば、もうすぐその分岐点です。

旧道を通ると、そこには懐かしい感じのする街道のまち並。
ここ世田米は、水沢・遠野からの内陸の物資、大船渡・高田からの海産物の集積地となった交通の要衝で、今でも往事の隆盛をしのばせる多くの蔵が残っている所なのです。


今回の大地震で、この地域の蔵の外壁に被害が出ていると教えてくれたのが、はた君。そして、彼と同じまちづくり団体で活動をしていらっしゃる岩手大学農学部の三宅先生でした。

三宅研究室では、世田米の蔵並を活かした地域振興に取組むべく、学生さん達と蔵の実態調査などから活動を進めているとのことでしたが、その過程で今回の震災。

早速、見てまいりました。


非常に立派な蔵の、なまこ壁下部が大きく崩れていました。




賊の侵入を防ぐためでしょう、細かいピッチで並ぶ柱と頑丈な接続金具。土壁も分厚く、なまこ壁の黒の部分はゆるやかにRのついた瓦が使われており、白の部分の断面を見ると、幾層にも塗り重ねられた丁寧な仕上がりです。




教科書でしか見た事のない技法が他にも施されたおり、恥ずかしながら大変勉強になりました。

ご存知の通り、気仙地方は「気仙大工」「気仙左官」という腕のいい職人さんが作った歴史ある建物が沢山ありました。しかしこの震災で貴重な建物の多くが流され、また崩れてしまいました。

修繕が可能な建物は、何とか残して欲しいものです。
こちらの蔵も、各方面とご相談を重ねながら、補修工事の方法をご提案してまいりたいと思っております。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/



盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 12:23 | - | - |
リシンかき落とし仕上げ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第294回 2011.01.23 ━━

若手の塗装屋さんに、「外壁の塗り替えをしようとしたら、下地が見た事無い材料だった」という話を聞いて、吹雪の中、住宅改修工事の現場に行ってまいりました。



すると、「おー、懐かしや」のリシンかき落としではありませんか。
古い建物の様でしたが、厚塗りの材料だけに落ち着いた趣ある壁面が健在でした。

玄関廻りをこれで仕上げていたようで、夜に明かりが灯ると微妙な陰影が広がって素敵だったと思います。骨材には白竜砕石がよく使われ、塗料メーカーの吹き付け用リシンとは違った仕上りになっています。



もちろん、まだまだメーカーさんでは製造している材料ですが、残念ながら弊社でも1年に何回か出るぐらいの商品になってしまいました。

改めてカタログを見てみましたが、10mmほど塗り付けた後にかき落として仕上げると記載されていました。「こんなに厚く付ける材料は今は無い」と思うのですが、弊社の常務によるとこの材料、もっと昔は30mmぐらいに塗り付けてかき落とし、年月が経って汚れが目立つようになったら、またかき落とす。というのを繰り返していた現場もあったようです。

塗り替えや張り替えでなく、新しい面を削りだしてリニューアルする。
こういう発想が左官の世界にはあったのですね。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 15:31 | - | - |
宇都宮は大谷石の産地のすぐ近く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第288回 2010.11.30 ━━

今月半ば、ホームインスペクターという資格を取得するために、試験会場である東京に行ってきました。
先週解答速報と併せてみたところ8割方の得点だったのですが、肝心の住宅診断のところで凡ミスが続いておりまして・・・落ちるかも。

さて試験会場から盛岡に帰る道中、宇都宮に先輩を訪ねて旧交を温めてまいりました。
まずはお約束。宇都宮名産の餃子へ。長崎屋の地階にある餃子スタジアムに出向き、4件のお店の餃子を味比べしてきたのですが、頼みすぎてお持ち帰る始末。やはりアツアツが美味しいですね。

そしてもう一つ。
栃木の名産と言えば「大谷石」。

建築石材としては、アメリカの建築家であるフランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテルで採用した事はあまりにも有名ですが、さすが産地にほど近い宇都宮は大谷石が沢山使われていました。

特にも郊外に行けば、大農家さんなんでしょう。母屋も蔵も大谷石造りという所も散見されます。何たって推定埋蔵量10億トン!住宅に大谷石を使うと補助金が出るという行政の施策もあるようです。

盛岡でも飲食店などの意匠に使われているのを見る事があります。
岩手城趾公園下の焼肉店・銀河離宮さんは一部外壁に使っていますので、すぐにわかります。


まちの中心部で立ち寄ったコンビニの隣りのお宅を撮らせていただきました。
ビルに囲まれたこのお宅にも、ちゃんと大谷石が使われていました。




もうひとつ忘れてならない栃木の名産がありました。「レモン牛乳」
これを使ったお菓子がいっぱい売っていたので、ひとつ買ってきたのですが、味は盛岡の某老舗菓子店のロングセラー「レモンケーキ」とかなり似ています。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 07:53 | - | - |
<< | 2/5PAGES | >>