CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< トイレのリフォーム日記〜お便器をやっと設置しましたの巻 | main | 「お試しかっ!」の塗り壁 >>
盛岡城の残念石?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第275回 2010.09.14 ━━

9月最初の土曜日、小学校のPTA行事で「ふれあい中津川」という催しがありました。
杜陵小学校を出発して、中津川とその周辺地域の歴史や伝承などを、盛岡ふるさとガイドの皆さんに教わりながら、盛岡中央公民館(南部家別邸跡)まで散策するというものでした。

何で「与の字橋」という名前がついたのか?
100年前の大洪水のとき、水位はどれぐらいまで上昇したか?
などなど、長年に渡り川端に住んでいるのに知らなかった郷土史を教えていただきました。

お天気も良く、草の緑と川のせせらぎを体感しながら、盛岡の中心部を歩きました。

東大橋付近、広くなった河川敷で見つけたのが、この石。




立派な御影石で、くさびが打ち込まれた痕があります。
大阪城には、小豆島から切り出されながら、なぜか石垣になれなかった「残念石」というものがあるそうですが、この石も盛岡城の石垣になりそびれたのでしょうか?

毘沙門橋付近の坂のところにも、同じようにくさび痕のある大きな御影石があります。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 07:38 | - | - |