CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 地元の土で塗り壁〜岩泉の家 | main | 社内安全大会を開催しました! >>
地元の土で塗り壁〜岩泉の家
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第421回 2015.03.04 ━━

岩泉町は本州で一番面積が広い町で、人口は1万人弱。日本三大鍾乳洞の一つにも数えられる美しい龍泉洞があり、水がきれいな町です。

「いわて短角牛」は、東京のレストランシェフの多くがその赤身肉を絶賛していることでも有名ですが、こちら岩泉でもたくさんの短角牛が育てられているんです。


そしてこの現場にいた、飛騨ナンバーの車に乗る左官職人さんは、地元・岩泉町出身の若者でした。



話をしてみると、若いのに堂々としているし、とても洗練されている印象で、岩手のヒトっぽくなかったです。(笑)
やはり手に技術がある人って強いんだなーと、感心させられました。

高校時代にたまたま見ていた、NHKテレビの「プロフェッショナル〜仕事の流儀」。ちょうど左官職人・挟土秀平さんの回だったそうです。この番組を見て感銘を受け、高校卒業と同時に挟土さんの門戸を叩きました。




入門から8年。故郷の恩師が家を改築すると聞き、会社を休んでの手伝いです。
NHKテレビでも挟土さんが、雪降る飛騨の山に分け入って、色土を採ってくる場面がありました。この若い左官さんも、師匠に倣い岩泉の山の色土でここの壁を仕上げました。




コテを擦る音がリズミカルに部屋に響き、美しい壁が出来上がっていきます。




見習い期間が終わり師匠から受け取ったコテ!




地元に本物の技術を集めた家が建っているスバラシサ。
盛岡の土で盛岡の家にも壁を塗ってほしいと強く思いました。

全国に現場があって移動が長距離の事も多いそうですが、くれぐれもお体にはお気をつけいただきたいと思います。ますますのご活躍をお祈り申し上げます!


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 岩泉の家 | 21:51 | - | - |