CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その2 | main | 姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その4 >>
姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第401回 2013.12.17 ━━

平成の大修理は、鹿島建設・神崎組・立建設JVが受注し、来年の3月の竣工予定です。



総工費は28億円。天守閣をすっぽり覆った素屋根を作るのに12億6千万円!
この素屋根のコンクリート基礎も大工事で、当然解体時に撤去するのにも多額の費用がかかるのだそうです。



素屋根の施設は地上8階、2機のエレベーターが見学者用に設置され、間近でお城の壁や作業の状態を見る事が出来ます。











五層の屋根に使われている瓦はなんと約8万枚!
全部の瓦を一度屋根から外して、劣化状況など点検した上で葺きなおしたそうです。屋根漆喰でひとつひとつの瓦がおさえられている姿は圧巻です。




モスラです...




お城マニアの皆様からは、本当にそう呼ばれているらしく。
現在の姫路城を縄張りした池田家の家紋「アゲハチョウ」ですが、400年前の家中に才気あふれるデザイナーが存在したようですね。




右側の丸瓦。
そのアゲバチョウが逆さまになっていますが、コレ、間違ったのではなく、わざとなんだそうです。

「建物は完成と同時に崩壊が始まる」

という言葉をご存知でしょうか?
昔の人はこれを回避するため、わざと完成の一歩手前の状態を作ったとか。
例えば、日光東照宮や首里城では、逆柱(さかばしら)といって、柱を逆さまにしているようです。

また、前に左官屋さんの長老から、「床の間の下がり壁の裏側をわざと塗り残す」
という話を聞いた事があります。これもその一連なんでしょうか。
(近くでは、紫波町の平井邸がそうだったような・・・)


建築には様々な縁起担ぎがありますが、姫路城ではそのひとつがモスラというのも面白いです。


以上、弊社特派員(歴女?)から教えてもらいました。



はいっポーズ! (^_^)v



大天守修理工事エリア見学会配布資料その2
「姫路城大天守修理見学施設〜天空の白鷺〜館内のご案内」

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 12:39 | - | - |