CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 江戸東京たてもの園探訪記「前川邸」の巻 | main | 今週末の土日。毎年恒例の展示即売会「ふれあい大感謝祭」を開催致します! >>
江戸東京たてもの園探訪記「常盤台写真場」の巻
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第357回 2012.05.11 ━━

常盤台写真場(ときわだいしゃしんじょう)




健康住宅地として開発された郊外住宅地常盤台に建てられた写真館です。
照明設備が発達していない当時、最も安定した照度を得るために、 2階写場の大きな窓には北側から光を採ることができるように摺りガラスがはめこまれています。
[板橋区常盤台一丁目/1937年(昭和12)](江戸東京たてもの園HPより)


まずは、外壁と基礎廻りです。



最近でこそ、竹屋化学研究所さんのハウスシューズなど、住宅の基礎廻りの保護と仕上げが普及してきましたが、この建物のように、基礎廻りに手間をかけた現場はあまり見た事がありません。

白竜砕石と黒霞で洗い出しされた表面は、黒が少ない白御影調。
外壁より面が出っ張ってるのも面白いですね。

その外壁は、リシンかき落としの様でした。
ほとんどの面がペンキ塗りでお化粧直しされていましたが、塀の裏面に往時の意匠を見付ける事が出来ました。





玄関には、那智石が埋め込まれています。
間隔が密で、相当に手間がかかったと思われます。





内部は、写真機材や調度品が撮影禁止でしたので、あまり撮る事ができませんでした。階段の踊り場でやっと1枚。

漆喰壁をきれいに丸く抜いて仕上げるのも、高い技術なんです。


*---
ちょっと宣伝です。
弊社では、上記の白竜砕石、黒霞、那智石(高級那智黒)を在庫しております。

白竜は、
1厘(0.4mm)、2厘(0.7mm)、3厘(1.0mm)、5厘(2.0mm)、
7厘(3.0mm)、1分(4.0mm)、3分(10.0mm)


黒霞は、1分(4.0mm)のみ


高級那智黒は、
3分(15〜18mm)、5分(18〜24mm)、
小(24〜30mm)、中(30〜40mm)


ご活用の程、よろしくお願いいたします。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 江戸東京たてもの園 | 09:16 | - | - |