CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 大沢川原の旧宣教師館の外壁 | main | 上米内浄水場の石造りの正門 >>
もりおか歴史文化会館で、江戸時代の左官さんに出会った〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第334回 2011.11.14 ━━

改装工事中には何度か寄ったのですが、完成してから初めて「もりおか歴史文化館」に行ってまいりました。

まずは1階の無料フロアにあります大スクリーンにて、さんさ踊りの映像を拝見。
某秘密結社の諸先輩方が、ちびっこに踊りや太鼓を指導するシーンがありまして、他にも知り合いが映ってないかと、目を皿のようにして見てまいりました。

なかなか訪れる機会もないので、思い切って2階の有料フロアに足を踏み入れる決断をいたしました。
子どもの頃に訪れた、県立図書館時代の造りを思い出しながら辺りを見回すと、近代的な博物館の雰囲気がそこにありました。

黒を基調とした格調高い雰囲気、ITを活用した分かりやすい紹介など、「有料」に抵抗があったのですが、300円払う価値はある!とお見受け致しました。

展示室6「近代の盛岡へ」という最後の展示フロアに足を踏み入れると、そこには町家が再現されていました。
白壁を塗っているのは、もちろん藩政時代の左官さん。



コテ板の持ち方が現代と違います。古い絵を見ると羽子板を広くしたような作りだったようですので、こうなるんですね。

子ども連れで急ぎ廻ったので、次はゆっくり見に行きたいと思います。
そうそう、この町家の室内にも盛岡の古い写真が飾られていたのですが、注目は「大正時代の石割桜」。びっくりしますよ。





企画展「あの日あの時の盛岡−昭和レトロの世界−」は、好評に付き期間延長。今月23日までだそうです。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ内装材(塗り壁) | 18:36 | - | - |