CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 葛巻と地域ブランド | main | もりおか歴史文化会館で、江戸時代の左官さんに出会った〜 >>
大沢川原の旧宣教師館の外壁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第333回 2011.10.15 ━━

この前の土曜日、盛岡市民文化ホールに行った後、天気がよかったので家まで歩いて帰ることにしました。

車では良く通る道でも、歩いてみると何か発見もあるもので。

この日の最初の発見は、江戸時代は中津川でスズキが釣れたという話。
これを、旧宣教師館の敷地にある立て看板に記された、大沢川原の歴史の最後に見つけました。
スズキって鮭みたいに川を遡上するらしいです。




そして、ここ旧宣教師館の建物。
3月の大震災で外壁が崩れた後、簡易的な養生がされただけで、現在でも立ち入り禁止になっています。敷地内に外壁材の一部が転がっていました。



カケラを見ると、赤レンガの上に仕上げ塗りがされていました。
竣工時は赤レンガの洋館だったのかもしれません。

赤レンガの上に塗られている材料を見ると、粗い骨材が配合されています。
「リシンかき落とし」かと見つつも、その荒々しさに「これがもしや本物のドイツ壁というものか?」と思い。



帰ってきてからネットで調べると、ここに住んでいた宣教師さんは「ジャーマン・リフォームド・チャーチ教団」というところから派遣されてきたらしく。

コチラのサイトにそんな記述が
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03201/628.html


また写真をよく見ると、赤レンガの上に濃い茶色の面があって、今の黄土色の面があるように見えます。
この洋館は2度、外壁の改装工事がされているかもしれません。




内部も見てみたくなりましたが、残念ながらご覧の通り閉鎖されています。
その代わりと言っては何ですが、18日から清水町の旧石井県令邸の公開があるそうです。
こちらに是非行ってみたいと思います。

近代化遺産全国一斉公開2011の詳細です ↓
http://ow.ly/6W7nN




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 20:45 | - | - |