CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ホームインスペクション(住宅診断)とは? | main | 省エネ住宅にこそ塗り壁 >>
住みよいまち「もりおか」に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第328回 2011.08.22 ━━

盛岡市も4ヶ月遅れの市議会議員選挙が始まり、選挙カーが走りはじめましたが、先程「盛岡を住みよいまちに致します!」という声がスピーカーから流れてきました。
いいですね〜

でもそんなまちにするには、先生方だけでなく、やはり我々市民みんなが、ふるさとの自然や文化・産物などを愛し、自らがまちの事を考え行動することが大事なんですよね。
(おー、懐かしの青年会議所時代の学び)

政治家先生方は、そのお立場で存分に手腕を発揮していただくとして、微力過ぎる私などでも、まちのために貢献しなければなりません。

ま、私は商売人なので、当然社業を通じたまちの活性化を目指すのですが、今度チャレンジする事業でその種を一つ蒔いてみます。

内容はゆくゆくご紹介させたいただくとして、経済に携わる者が社業を通じて出来る「まちの活性化策」っつーもんを拙い頭でずっと考えてまいりました。
(こちらは岩手同友会で学びつつ)

出てきた手法は今のところやっと4つ(泣)


まずは、やはり自分の会社を「いい会社」にして、納税して雇用を増やす事。ですが限界があります。

そこで考えている残りの3つ。それは「起業を促す」「投資を呼び込む」「連携を広げる」。
ひとつひとつはありきたりかもしれませんが、3つ同時にやっているのは役所ぐらいではないでしょうか?

これら今度の事業を通じて、まとめてツッツいてやろうと思っております。
もちろん、いきなり畑違いの事をやるのではなく、あくまでも本業である湿式建材と改修工事に関するノウハウがベースになります。

と、大上段に構えたけど出来るかな?


しかし藻谷浩介さんがおっしゃる通り、自らの足腰でしっかり立ち上がる事の出来る地域をつくり、他の地域に手を貸さなければなりません。
盛岡市が活力あるまちとして立ち上がり、岩手の復興と新しい未来づくりに、これからずっと最大限貢献をしていかなければならないのですから・・・チャレンジしてみます。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 21:20 | - | - |