CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< やっぱりおいしい気仙の味噌・醤油 | main | 気仙地区の蔵を訪ねました。その1 >>
岩手県フットボールセンターのクラブハウスの壁材
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第313回 2011.05.14 ━━

お天気のいいGWのとある日、家族で花巻に行く道中、先ごろオープンした「岩手県フットボールセンター」に立ち寄り、見学してまいりました。



その日は、2007年の全国高校サッカー選手権で優勝した盛岡商業が練習試合かな?ゲームをしておりました。
お邪魔にならないように、グラウンドに近づきFIFA公認でドイツ製という高級人工芝を触ってみると・・・フッサフサのそれらしい手触り(?)。

こちらは県内では初めての日本サッカー協会公認グラウンドとなるそうです。
こんな素晴らしい施設を、盛岡でなく紫波に呼び込んだ経緯や苦労は、オカちゃんがブログに書いているのかな。

いずれ昨日、先月録画していたテレビ番組を見ていたら、あのぐっちーさん開場イベントに関する寄付のお願いをしてたり、仕掛けがすごすぎます。


うらやましがるのはこれぐらいにして、クラブハウスについて一言二言。

「とことんグラウンドにお金をかけたんだなぁ。」と、小学生にもわかる作りです。
いや、馬鹿にしているのではなくて、本当にすごいと思うんです。

一昔前であれば、間違いなく壁には大理石が貼られていたでしょうが、構造用合板ムキダシの所なんかがあるんですよ。


この写真では、自動販売機の横にチラリ見えます。


商売柄気になる床材も、何だかわかりませんがおそらく高いものではないでしょう。
中央には暖炉が置かれ、環境にもよろしく。

徹底してサッカー施設に予算傾斜を掛けた(聞いたわけではありませんが)、この目的の明確さ。
岩手のサッカーの聖地の誕生です。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/



盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 22:12 | - | - |