CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 左官さんは女性にモテるという説 | main | 上の橋近くの土蔵 >>
リシンかき落とし仕上げ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第294回 2011.01.23 ━━

若手の塗装屋さんに、「外壁の塗り替えをしようとしたら、下地が見た事無い材料だった」という話を聞いて、吹雪の中、住宅改修工事の現場に行ってまいりました。



すると、「おー、懐かしや」のリシンかき落としではありませんか。
古い建物の様でしたが、厚塗りの材料だけに落ち着いた趣ある壁面が健在でした。

玄関廻りをこれで仕上げていたようで、夜に明かりが灯ると微妙な陰影が広がって素敵だったと思います。骨材には白竜砕石がよく使われ、塗料メーカーの吹き付け用リシンとは違った仕上りになっています。



もちろん、まだまだメーカーさんでは製造している材料ですが、残念ながら弊社でも1年に何回か出るぐらいの商品になってしまいました。

改めてカタログを見てみましたが、10mmほど塗り付けた後にかき落として仕上げると記載されていました。「こんなに厚く付ける材料は今は無い」と思うのですが、弊社の常務によるとこの材料、もっと昔は30mmぐらいに塗り付けてかき落とし、年月が経って汚れが目立つようになったら、またかき落とす。というのを繰り返していた現場もあったようです。

塗り替えや張り替えでなく、新しい面を削りだしてリニューアルする。
こういう発想が左官の世界にはあったのですね。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

盛岡市高松2−13−10
tel:019-662-3301
fax:019-662-7989
e-mail:morioka-obara@nifty.com

PCサイトからはこちらのメールフォームをご利用ください。

人気ブログランキングへ

| エコ外装材 | 15:31 | - | - |