CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
姫路城!見学会旅日記番外編〜姫路のゆるキャラ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第404回 2014.01.18 ━━

姫路城見学資料の中に、ゆるキャラシールが入っていまして、




「しろまるひめ」です。
姫路城築城400年などを記念して生まれたそうです、



しろまるひめ公式HP
http://www.shiromaruhime.jp




そして今年、大河ドラマにちなんで生まれたのが「かんべえくん」。



かんべえくん公式HP
http://himeji-kanbee.jp/kanbekun/



くまもんに追いつけ追い越せ!
わんこきょうだいも負けるな!

って感じでしょうか。(^_^;





*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 18:36 | - | - |
姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第403回 2014.01.17 ━━

黒田勘兵衛の生誕地・姫路城

以前神戸の博物館で、江戸時代の古地図を見た事があります。
摂津播磨周辺の古地図には、姫路藩の様な大藩もありながら、周辺に多くの小藩や幕府直轄地、諸藩の飛び地や公家の私有地など、無数のいびつな地型が入り乱れている様子が描かれていました。
これも恐らく経済的に豊かなここの土地を、人々が求めたが故なのでしょう。

【参考】幕末の大名領(兵庫県庁サイト)
http://web.pref.hyogo.jp/pa13/pa13_000000012.html



今、姫路と言えば「黒田勘兵衛」ですね。


http://www1.nhk.or.jp/kanbe/



ドラマを見ていますと、勘兵衛が生まれた時代の姫路城は、主家の小寺氏や守護代の赤松氏の居城に挟まれた館(やかた)だったようです。




しかしその後、信長や秀吉の西国統治の足がかりとして、また家康の大阪城包囲網の重要拠点として、現在の美しく勇壮な姫路城が完成していきます。
(ちなみに今年は、大坂の陣400年だそうです。)


江戸時代の大平の世になると、今度は建物の維持費が姫路藩の財政を圧迫したようで(現代のハコモノ事情と似ています)、ついには天守が傾くという事態に至り、明治に入って破却が決まった事もありました。


また姫路を中心とする播磨国は、廃藩置県により近隣の6つもの旧国(律令国)と一統され、兵庫県となります。
これほど多く旧国を含む県は他に無いそうですが、これには摂津・播磨の財力と、丹後・但馬などの産品を元手に、神戸港を玄関口とした海外貿易をもって国を富ませようとする新政府の国家戦略があったと言われています。

【参考】県域の変遷(兵庫県庁サイト)
http://web.pref.hyogo.jp/pa13/pa13_000000013.html



このような歴史の中で、世界有数の国際都市へと変貌をとげた「神戸」。




どうやら弊社一行も、中華街で美味しいものを食べてきたようです。









うらやましい!!



食べものついでに、こちらが姫路名物「アーモンドトースト」!
ピーナッツバターならぬアーモンドバターがトーストに塗られ、更にトーストされていまして、大変美味だそうです。




そしてこちらは定番「明石焼」!




お城レポートとグルメレポート、お疲れさまでした!






天守閣が完成したら、勘兵衛の足跡を訪ねつつ、じっくり播磨路を回ってみたいものです。


☆大天守修理工事エリア見学会配布資料その4
「姫路城見学コース 

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


☆大天守修理工事エリア見学会配布資料その5
「姫路城見学コース◆

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)



参考文献:歴史街道2月号、NHK知楽「歴史は眠らない」、兵庫県HP
     NHK大河ドラマサイト

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 12:24 | - | - |
姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第402回 2013.12.27 ━━

姫路城は「白鷺城」という別名がある通り、白壁がまばゆい美しいお城です。
その白い壁の材料は「漆喰(しっくい)」。
今回の改修工事でも、昔ながらの方法で本物の漆喰壁が再現されています。




「こまい」の素材は葦とか竹がポピュラーですが、作業工程の模型を拝見しますと、姫路城のは木製のようです。




糊も海草を炊いて作っていますし、スサや骨材も現場調合して荒壁から丁寧に仕上げられ、美しさと強度を兼ね備えた漆喰壁の完成です。
(文末の、大天守修理工事エリア見学会配布資料その3「姫路城の漆喰」をご参照ください)

こんなに手間を掛ける塗り壁の仕事を、現代の工事現場ではほとんど見る事が出来ません。

実は今回の修理工事エリア見学会は「第3回目」だったそうで、1回目・2回目には壁面の中塗りや仕上塗りの工程も見る事が出来たのだそうです。

3回連続で見学に来ている好事家もいたようで、弊社特派員の一人からは「もっと前の見学会にに行きたかったです」と言われてしまいました。
「もっともダ!」と思いつつも、アンテナ低くてゴメンネ〜。(T_T)


姫路城の漆喰壁の堅牢さを語るエピソードとしましては、以前も本ブログでご紹介致しましたが映画007でのお話。




姫路城がロケ地になったとき、ジェームズ・ボンドを追う忍者が放った手裏剣が、誤ってお城の壁に当たってしまいました。そのとき壊れたのは漆喰壁ではなく手裏剣のほう。
撮影用とは言え金属製の手裏剣だったそうですから、さすがは姫路城の壁。すごい強度です。


漆喰で仕上げられていない「土壁」のままになっている箇所も、場内にはあるようです。これもまた、土ならではの表情があっていいと思います。





屋根漆喰に保護された屋根のいただきにそそり立つ「シャチホコ」です。
大きさを比べながら、ハイ、ポーズ!





大天守修理工事エリア見学会配布資料その3
「姫路城の漆喰」

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 08:08 | - | - |
姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第401回 2013.12.17 ━━

平成の大修理は、鹿島建設・神崎組・立建設JVが受注し、来年の3月の竣工予定です。



総工費は28億円。天守閣をすっぽり覆った素屋根を作るのに12億6千万円!
この素屋根のコンクリート基礎も大工事で、当然解体時に撤去するのにも多額の費用がかかるのだそうです。



素屋根の施設は地上8階、2機のエレベーターが見学者用に設置され、間近でお城の壁や作業の状態を見る事が出来ます。











五層の屋根に使われている瓦はなんと約8万枚!
全部の瓦を一度屋根から外して、劣化状況など点検した上で葺きなおしたそうです。屋根漆喰でひとつひとつの瓦がおさえられている姿は圧巻です。




モスラです...




お城マニアの皆様からは、本当にそう呼ばれているらしく。
現在の姫路城を縄張りした池田家の家紋「アゲハチョウ」ですが、400年前の家中に才気あふれるデザイナーが存在したようですね。




右側の丸瓦。
そのアゲバチョウが逆さまになっていますが、コレ、間違ったのではなく、わざとなんだそうです。

「建物は完成と同時に崩壊が始まる」

という言葉をご存知でしょうか?
昔の人はこれを回避するため、わざと完成の一歩手前の状態を作ったとか。
例えば、日光東照宮や首里城では、逆柱(さかばしら)といって、柱を逆さまにしているようです。

また、前に左官屋さんの長老から、「床の間の下がり壁の裏側をわざと塗り残す」
という話を聞いた事があります。これもその一連なんでしょうか。
(近くでは、紫波町の平井邸がそうだったような・・・)


建築には様々な縁起担ぎがありますが、姫路城ではそのひとつがモスラというのも面白いです。


以上、弊社特派員(歴女?)から教えてもらいました。



はいっポーズ! (^_^)v



大天守修理工事エリア見学会配布資料その2
「姫路城大天守修理見学施設〜天空の白鷺〜館内のご案内」

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 12:39 | - | - |
姫路城!大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第400回 2013.12.11 ━━

【交通の要衝・姫路】

姫路は大化の改新後の7世紀に国府が置かれ、8世紀中頃に国分寺が置かれて以来の播磨国の中心です。

姫路駅は、山陽新幹線・山陽本線などJRの5つの路線と三陽電鉄が交差する兵庫県の西の玄関口として重要な機能を果たしています。国道は2号線・29号線など4つの道路が交差し、現在でも京阪神・中国・山陰を結ぶ交通の要衝です。





京・大坂にも近く、地政学的にも優れたこの場所に、西国大名制圧の抑えとして、徳川家康の命により池田輝政が大規模な城郭の再整備を行ったのが17世紀初頭。
現在の姿の姫路城が完成しました。




三の丸広場の先に大手門から伸びる大通を、修理見学施設「天空の白鷺」より眺める事が出来ます。




幾重にも配置された曲輪には、敵の侵入を妨げる様々な仕掛けが張り巡らされているそうです。



弊社特派員も城方の術中にハマルのか?


さて播州とも言われる播磨国は、姫路を中心に現在の明石市、三木市、赤穂市、加古川市などに広がる地域ですが、なぜここに、このような巨大な城郭があるのか?

まちづくりの第一人者で、日本政策投資銀行の藻谷浩介さんの説では、播磨の国の莫大な農業生産物と、その二次製品の生産量による大きな経済力が背景にあるとの事。

播磨の「播」という字は、「開墾地」を意味しているそうで、6〜7世紀頃、ここで日本最初の大規模な開拓が行われ、その豊かな大地は大量の米や麦を育みました。また、これらを原料に味噌・醤油、酒、塩、そうめんなどを製造することで、莫大な財力を当地にもたらしたのだそうです。

確かに、「交通の要衝だから」「古代からこの地域の中心だったから」というだけでこんな巨大な城が築かれる訳は無く、「地域の産業がもたらす大きな経済力によるもの」と聞けば、なるほど!と思います。明石城や赤穂城も立派なようですね。




この大手門だけでも、今から作ろうとすれば、いくらかかるものか...



大天守修理工事エリア見学会配布資料その1
「姫路城大天守立面図」


(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)



参考文献:姫路市HP、姫路市赤十字病院HP、NHK知楽「歴史は眠らない」(NHK出版協会)

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 18:37 | - | - |
姫路城! 大天守修理工事エリア見学会旅日記〜その1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第399回 2013.12.08 ━━

工期短縮・コスト削減が建設現場が命題の現代日本に、6年かかるリフォーム工事が現在進行中です。それが、姫路城の大天守修理工事。

昭和の大修理から約50年。
漆喰壁の劣化も目立ってきたようで、文字通り「お化粧直し」の最中です。


撮ってきてもらった写真を並べていきたいと思います。




はるか遠方からでも工事中の天守を覆う巨大な素屋根を眺め見る事が出来ます。




広い堀に囲まれた広大な城郭には、さすが国宝、そして世界遺産たる重みと落ち着きがあります。






改修作業は既に佳境に入り、来年春の公開を待つ段階ですが、先般、通常の工事見学コースでは立入禁止のエリアを案内してくれる特別の見学会がありました。


弊社も左官材料を長年扱う会社ですので、伝統の左官工法の現場は是非見ておくべきかと。

社員旅行で行けばよかったのですが、なかなか難しかったのでアミダクジで決まったこちらの3名に現地に飛んでもらいました。
(実際は新幹線乗り継ぎお疲れです!)




なぜ写真背景が神戸の中華街なのかは後述すると致しまして、姫路城でのレポートに参りたいと思います。

※ 姫路城のサイトを確認したところ、工事現場を見学出来る期間が来年の1月15日までと、すぐそこまで迫っているようでした。急いでブログ更新してまいります。


姫路城大天守保存工事紹介サイト
http://www.himejijo-syuri.jp/repair/


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 21:29 | - | - |
姫路城保存修理エリア見学会へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第396回 2013.10.22 ━━

世界文化遺産である姫路城の大天守保存修理工事も、5年に渡る工程がいよいよ佳境に入ってまいりました。








姫路城公式HP(姫路市)
http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/


今週末、普段の観光コースでは立入禁止区域の「未公開保存修理エリア」に入る事が出来る最後の見学ツアーが開催されます。

100年に一度あるかないかの体験が出来るというのであれば、弊社と致しましては商売柄、見過ごす事は出来ません!

という事で急遽、社員3名の派遣を決定致しました。
\(^O^)/ (気合いです 笑)





3名には、このブログ上で見学会の模様をレポートしてもらう予定です。
そろそろ400回を迎えるエコブログですが、その節目となる投稿は初めて弊社社員からになりそうです。

心配なのは、またまた接近中の台風。
頼む!それてちょうだいっ!!



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| 姫路城! | 14:08 | - | - |
| 1/1PAGES |