CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
「小原商店祭り」お世話になりました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第430回 2016.06.07 ━━

先の土曜日と日曜日に開催致しました弊社展示即売会に際しましては、多数のご来場をいただき心より感謝申し上げます。

これからも社員一同、お客様のお役に立てますよう精進してまいります。
今後とも、よろしくお願いいたします。



予想を上回る皆様に、塗り壁体験をしていただく事が出来ました。






会場の倉庫を片付けています...




*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 16:32 | - | - |
角館・安藤醸造さんのレンガ蔵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第425回 2015.06.17 ━━

大仙市へ向う途中、久しぶりに角館の安藤醸造さんに立ち寄りました。

朝の9時半頃だったので「ちょっと早かったかなー」と思ったのですが、お客さんも何組か来ており、朝から賑わっている店内。

ちょっと見学するつもりでしたが、買ってしまいました。お店の方にすすめられるがままに「しろだし」を試飲、その優しい味わいに心動かされまして。笑




安藤醸造さんの蔵はレンガ造りでめずらしいなぁ。とは前から思っていたのですが、今回の出張先でその由縁を教えてもらうことができましたので、ちょっとご披露を。


明治前期に大火で消失した安藤家屋敷の再建に際し、当時の当主は火事に強いレンガ造りの建物にしたいと考えたそうです。しかし、レンガを生産しているところが近くには無い...

そこで注目したのが、「白岩焼」という陶器が作られていた角館の近くの窯。

この白岩焼専用の窯を借りてレンガを焼くことに成功し、当主念願のレンガ造りの建物を完成する事が出来たそうです。
このお話、出張先の建築設計士さんに教えていただきました。興味をそそるお話、ありがとうございます!




そう言われ、あらためて蔵の写真を見てみますと、全体的に明るい色のレンガが多いですね。白岩焼のサイトを見ると赤茶色の、いわゆる赤レンガ色の作品も多いので、このレンガ製造にも、また更なるエピソードがありそうな香りが致します。


これを機にレンガの歴史をちょっと調べてみました。

東京駅の赤レンガは去年が開業100周年でしたので、安藤醸造さんの蔵の方がずっと古い事になります。
また、広島にある江田島の旧海軍兵学校の赤レンガは、一個一個を油紙で包んでイギリスがら輸入したと聞いたことがありましたので(諸説あり)、こちらも調査してみると。

江田島海軍兵学校竣工:明治21(1888)年
安藤醸造レンガ蔵竣工:明治24(1891)年

なるほど、ほぼ同時期。

これをもっても、当時のレンガ事情は窺い知れるわけで、
【レンガが手に入らない→ならば作ってしまおう】
という、明治の実業家の気概には、ほとほと頭が下がります。




内部扉の黒漆喰磨きや蛇腹も、やはり素晴らしいですね。
是非またお邪魔したいと思います。


そして、盛岡の皆様に朗報が。
今月の後半、6月25(木)〜28日(日)まで、クロステラス盛岡さんの1階で安藤醸造さんの特別販売会が開催されるそうです!




漬物が買いに行ってみようと思います。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 08:15 | - | - |
社内安全大会を開催しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第422回 2015.04.24 ━━

昨日、年に一回の社内安全大会を実施しました。
今年は、盛岡中央消防署上田出張所より署員の方を講師としてお招きし、AEDを使った救急処置をみんなで学びました。





公共施設では必ず見かけるAED装置ですが、実機を触ったことない人がほとんどいなかったので、大変勉強になりました。





講習を受けたものの、やはり「いざ」という事態が発生したら当然ながら相当慌ててしまうと思います。
落ち着きと勇気が本当に必要であると感じました。





安全管理や健康管理などリスクを高めないような対処や、突発的な事が起こってしまったときの対処など、今後も幅広く学んでまいりたいと思います。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 18:25 | - | - |
日本を代表する庭園と和風建築 葛飾柴又・山本亭散策記その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第410回 2014.05.24 ━━

柴又帝釈天の門前町と山本亭周辺にも、気になるところが沢山ありました。




日本映画界の不朽の名作「男はつらいよ」シリーズ。
映画のシーンそのままの佇まいがここにありました。




いっしょに行った皆さんが「映画の印象より境内がかなり小さい」と声を揃えてましたが、私には十分広い印象でした。




社殿を飾る彫刻も細部にわたり見事です。





山本亭すぐ脇を流れる江戸川。
小舟が往来していましたが、これが名高い「矢切の渡し」

対岸は千葉県。小説「野菊の墓」の舞台だそうです。映像化されたときは、映画の主演が松田聖子さん。ドラマは山口百恵さん。ときのトップアイドルが主役をつとめてきたんですねぇ。

また戦国時代には、北条氏と里見氏の合戦地となったそうで、わたし的にはこちらに興味津々です。




川岸は震災時など緊急の船着場として、救援物資や人的応援などの拠点となるようです。





門前町に行くと、TOKYOである事を忘れる様な、ローカルな雰囲気に溢れています。玉砂利の洗い出しで仕上げられた壁。お米屋さんの看板建築もいいですね。




出ました!
○○で二番目に美味いシリーズ。「日本で二番目」ではなく、「東京で二番目」と書いたところに、店主の複雑な心中を察してしまいます。




こちらは、ノーコメントで。苦笑


なかなか来る事が無い柴又でしたが、寅さんの故郷。堪能させていただきました。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 17:10 | - | - |
日本を代表する庭園と和風建築 葛飾柴又・山本亭散策記その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第409回 2014.05.16 ━━

山本亭は、合資会社(!)山本工場さんの歴代社長が建造した邸宅です。




機械部品の製造でご維新以来の日本の近代化を牽引したこの会社は、世界にも進出していたのでしょう。壁に掛かる時計は3つ。「北京」「柴又」「維納(ウイーン)」








床の間の壁は濃い色。落ち着きます。




薄暗い廊下の壁は、漆喰塗ることで明るくなります。




蔵の入口がありました。階段がピカピカです。




きれいに研ぎ出しされた階段。今ではほとんど見る事が無くなった左官技術です。




洋間の天井です。シャープな額縁が施された漆喰仕上です。




玄関の床がこれまた素晴らしいです。
ここまで表面を整えるには、相当の手間が掛かっていると思います。

寅さんと弁財天さんの他にも素晴らしい場所があるんですね、葛飾柴又。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 09:03 | - | - |
日本を代表する庭園と和風建築 葛飾柴又・山本亭散策記その1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第408回 2014.05.14 ━━

アメリカには日本庭園の専門誌があるそうで(Japanese Garden Journal)、そこのランキング第5位の山本亭を見学する機会がありました。

お庭の説明は公式サイトにお願いするとしまして、この建物には多くの左官材料・建築石材が使われていましたので、そちらのご紹介をしてまいりたいと思います。




瓦屋根の門構えから見るべきところが沢山ありました。




壁面はベージュ色の砕石で洗い出し。出隅をスクラッチタイルで納めています。




腰壁には多彩な色の鉄平石が配置されていました。目地幅が揃えられていて、手間がかかっているのが分かります。




塀は荒々しくカキ落とされていました。腰壁はRの洗い出しで、これも高い技術が必要です。




玄関へのアプローチは玉石の埋め込み。
色のばらつきが面白いです。




漆喰塗りの蔵もありました。
それではいよいよ、内部にお邪魔いたします。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 09:46 | - | - |
まんが美術館と内蔵のあるまち・横手市増田町「黒漆喰磨きの集い」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第397回 2013.11.03 ━━

先週の土曜日、横手市増田町で蔵のまちなみを活かしたイベントが開催されました。
私は残念ながら行けなかったのですが、弊社の細田次長がプレイベント「黒漆喰磨きの集い」に参加してきてくれましたので、ご紹介致します。


ここ増田町は、江戸時代の佐竹氏移封の頃より生糸や葉タバコなど、商品作物の集積地として賑わい、大正期には近くの吉乃鉱山に大鉱脈が発見されるなど、とても栄えたまちです。現存する蔵など歴史的建物は、その多くが明治期から昭和初期に建てられてもので、やはり醸造業や商家のものが多く、往時の隆盛が窺い知れます。


雄物川の支流である、皆瀬川・成瀬川を利用した水運も寄与したと思われます。また、清流が通う自然豊かな土地は、釣りキチ三平の作者として有名な漫画家・矢口高雄さんを生みました。
「横手市増田まんが美術館」は必見です。


まちなかの蔵ですが、代表的なものに「旧・石田理吉家」があります。こちらも醸造業、「金星」という銘柄の日本酒を造られていました。木造3階建ての主屋の内部に蔵(座敷蔵)があるという構造で、外から見ただけでは中に蔵があるなど想像出来ないそうです。


写真をクリックするとパンフレットが開きます(PDF)



プレイベント「黒漆喰磨きの集い」の講師は「土のソムリエ」と呼ばれる左官界の巨匠・小林隆男氏。実技をまじえた講演と、地元の建築家さんなどとのトークセッションに100名もの参加があったそうです。






増田町のまちなみが「国指定重要伝統的建造物群保存地区」に認定される事が決まったとの紹介があったそうです。市民の方々の努力があってこそですね。おめでとうございます!


休憩中に撮ってきてくれた写真です。



きれいに手入れされた名人の鏝の数々です。
持ち手が角張ったものがお好きなんでしょうか?







ベンガラの素。




黒漆喰の素。




名人が磨くと黒漆喰は鏡のように風景を映し出します。




「手こすり」を加えますと、更に磨きがかかります。
鞘となる建物に風雪から守られた増田町の内蔵の壁は、いまだ竣工時と変わらぬ光沢を放っていたようです。


観光協会のサイトで、11月の歴史的建造物の公開予定が発表されていました。
私も早く訪ねたいと思います。

増田町観光協会公式サイト
http://park20.wakwak.com/~kanko-masuda/



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 20:49 | - | - |
「花風通」さんが作るお庭(工事中)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第394回 2013.08.27 ━━

陸前高田の橋勝商店さんプレゼンツのフードショップ「和笑輪」。
お昼時にこちらに立寄り、お弁当を購入。
(この日のおすすめハンバーグ弁当 \(^O^)/ )

店先のベンチで早速いただいておりますと、ロックな雰囲気の方がご来店。
「おー久しぶり。花風通(カフーツ)の寺澤社長ではあ〜りませんか」
しばし談笑の後、近くに施工中の現場があるからと連れて行っていただきました。

ここ鳴石団地は、陸前高田市の中でも数少ない高台の平坦地。
市の仮庁舎など、被災した様々な施設が移転してきている地域です。

花風通さんの現場も、最近移転新築された住宅の外構でした。





アーリーアメリカン調の、おうちのアプローチは古いレンガと枕木。
古レンガの色のバラツキがいい感じです。




寺澤さん。お仕事する姿も、シャレ乙でござります☆




小屋も住宅と同じ外壁デザインで、ベンガラ色が青空に映えております。
手前に床下地が作られているところは、今後、ショップになるそうです。




奥の増築部の扉に目が行きました。
アンティークものを組み合わせて、特注で加工してもらった逸品とのことで、こういうこだわりってホント、いいと思います。

植栽などはこれからということでしたので、また立ち寄ってみたいと思います。


大船渡・陸前高田・釜石近辺でガーデニングやエクステリアの工事をしたいな〜。と思っている方、「花風通」さん。おすすめです。



GARDEN WORKS「花風通」さんサイト
http://gardencahoots.web.fc2.com/


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 12:43 | - | - |
筑前国は福岡城に行ってきました。(天守の要害の巻)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第392回 2013.08.07 ━━

「福岡城に天守閣は無かった」 「いや、あった。」
今でも議論が分かれているそうなのですが、登頂部に天守台の遺構はありました。




寄せ手の最後の難関が「鉄(くろがね)御門」と「埋門」になります。
切り立った石垣、狭い通路。
福岡城を舞台にした攻城戦は実際には無かったのですが、想像をかき立てられるリアルな要害がそこにありました。




天守からは福岡のまちが一望出来ます。ヤフオクドームにも行ってみたいですね。




おっ。
ベンチは左官仕上げの「疑木」でございませんか!




座りたいけど、アッつくなっていましたし、飛行機の時間も迫っていましたので、そそくさと撤退することにいたしました。


「大濠公園」という名に相応しく、大きな堀にはきれいな蓮の花が咲いておりました。




次回また、博多のまちに来るチャンスがあれば、もう少しゆっくり回ってみたいものです。


そしてこの度、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の新キャストが発表されました。
黒田長政は松坂桃李くんなんですね。

官兵衛が有岡城に幽閉されたとき、織田信長は官兵衛の謀反を疑い、質としていた嫡男・松寿丸(のちの長政)の処断を秀吉に指示じます。この命令を守らず領地に匿ったのが竹中半兵衛と言われていて、もし長政が世に出なければ、後の関ヶ原の戦いなどなど、全く違った歴史が創られていた可能性もあったわけで、この辺、ドラマではどう描かれるか?

岡田准一さんと谷原章介さんの掛け合いに、個人的には、とっても注目たいと思っています。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 09:42 | - | - |
筑前国は福岡城に行ってきました。(黒田節の巻)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 人と地球にやさしい
      エコリフォーム
━━━━━━━━━━━━━━━ 第391回 2013.07.30 ━━

下の橋大手門」を抜けて本丸に向かう途中に、これまた立派な門がありました。



黒田家家臣、母里太兵衛(ぼり たへえ)の屋敷にあったものを移設してきたそうです。恥ずかしながら知らなかったのですが、母里太兵衛と言えば民謡「黒田節」のモデルで博多人形にもなっている人物。黒田二十四騎の一人に数えられ、先手大将として数々の武勇を打ち立てた猛将だそうです。




漆喰が高く盛られ、ラインがシャープに出ているナマコ壁です。剛毅な中に気高さを感じる意匠は、太兵衛の人柄が忍ばれるようです。




ギラギラの太陽の下でカバンを引きながら、吹き出す汗。
やっと本丸への道に辿り着きましたが、この長い坂。気力が萎えましたが、折角ですので突入いたします。




規模の違いはあれど、雰囲気は盛岡城跡にも似ています。
青々とした木々の緑も気持ちいいのですが、なぜか誰にも会いません。時間帯でしょうかね?




城内にはこんなノボリも。
そう来年の大河ドラマの主人公なんですね。竹中半兵衛と共にどんなキャラで描かれるのか?今から楽しみです。


もうひとつ、黒田節の母里太兵衛を調べていて知ったのですが、太兵衛と共に先手大将をつとめていたのが栗山利安という武将。二人は義兄弟の契りを結ぶほどの仲だったそうですが、この利安の嫡男が黒田騒動のの中心であり、盛岡にゆかりの深い「栗山大膳」でした。

南部藩に黒田官兵衛愛用の兜(銀白檀合子形兜)が伝わっているのも、なるほどです。現在は、「もりおか歴史文化館」に所蔵されているそうです。



*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合資会社小原商店
http://www.m-obara.net/

人気ブログランキングへ

| つれづれ話 | 08:14 | - | - |
| 1/20PAGES | >>